人気ブログランキング |

オーディオの常識は非常識 xsmhp160.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

正しい音で音楽を聴く


by Kenzo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

TEAC CD-P650 驚きの高音質 その4


2020/1/15

TEAC CD-P650の実力を味わうには、アンプが重要である。

結論から言うと、アキュフェーズのアンプではCD-P650の良さは全く鳴らない。 スコーンと抜けきるべきパートで、抑圧感が出て音が硬くなる。低音は薄っぺら、高域はカサついて艶が全くない。良いところは一つもなく、「あーやっぱり、安いCDプレーヤーはダメだよな」と誰もが感じるだろう。

アキュフェーズと TEAC CD-P650
TEAC CD-P650 驚きの高音質 その4_e0410022_03521091.jpg




ところが、アンプをパイオニアA-70Aに替えると、CD-P650は豹変する。
TEAC CD-P650 驚きの高音質 その4_e0410022_03512427.jpg

TEAC CD-P650 (上段)
パイオニア PD-70AE(中段)
パイオニア A-70A(下段)
TEAC CD-P650 驚きの高音質 その4_e0410022_03514968.jpg

それは、抜けの良さ、瞬発力、エネルギー溢れるサウンドであり、聴き手を釘付けにする。パイオニアPD-70AEが鳴らすのは既成概念の延長上にある良い音だが、CD-P650は別世界を見せる。生演奏が持つ波動と衝撃派がフツ―に聞こえてくるのだ。

CDプレーヤーは星の数ほどあるが、生演奏を彷彿とさせるのは、Teac CD-P650がナンバー1である。特にiphone再生が凄く、演奏家の放つエネルギーが当たり前に聞こえる。どんな原理でこの凄い音を出してるのか?、それとも相性が生んだ偶然なのか?、いずれにしても、Teac CD-P650に巡り合えて幸運だった。CD-P650は、ステレオが目指すべき音質は、ナマ音である事を、再認識させてくれた。


さて、事例より、ステレオは大別して2種に分かれると思う。見て楽しむステレオと、音楽を楽しむステレオである。まず間違いなく、前者ステレオではナマ音は鳴らない。だから、それぞれに存在価値があり、楽しみ方もそれぞれと認識するのが正しい。間違っても、両者を混ぜて使ってはいけない。

Commented at 2020-01-15 05:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-01-15 05:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xsmhp160 at 2020-01-15 22:56
> 内緒さん
おっしゃるように、iphoneの音の良さは別格だと思います。目で楽しむオーディオ機材ではとても太刀打ちできない、根本的な何か(たぶん概念)が進んでいるのでしょう。

またiphoneとの相性の良さを考慮すると、CD-P650の設計は米国かもしれませんね。確認はしていませんが、日本仕様と米国仕様、電源部は同じで120Ⅴが標準かもしれません。米国仕様を持ち帰って、日本仕様と内部比較してみます。もし、両者が同じなら、日本仕様も100Ⅴ⇒120Ⅴに変換するステップアップトランスを使うべきかもしれません。
Commented at 2020-01-16 05:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by xsmhp160 | 2020-01-15 03:54 | CDプレーヤー | Comments(4)