人気ブログランキング | 話題のタグを見る

イノウエスピーカーの歴史 ミズホオーディオ その2

2021/7/13

ミズホオーディオの記事をみつけたので、リンクをはり、補足する。

記事はこちら ↓

記事から引用して、説明を付与する。

>僕の素性について、いくつかの質問をした。
>ブルースやR&Bが好きな事
>ビートルズのコピーバンドをやっている。

ミズホオーディオも井上デンキ店も、店が客を選び、店主が気に入らない人物にはスピーカーを売らなかった。考えてみれば当たり前だ。自分の手塩にかけた大事なスピーカーを間違った使い方をされて、台無しにされてはたまったものではない。

ミズホオーディオと井上デンキ店、両者の大きな違いは、前者は政治家肌、後者は生粋の技術屋だったことである。

ミズホオーディオの売る、FOSTEEX FE103改/FE127改はペアで5.5万円だった。エンクロージャーはフツウのバスレフだったが、メーカー製スピーカーでは到底出し得ない鮮度の高い音が魅力だった。

一方で、井上デンキ店では、FE103改は売っていなく、KI16cmのみである。アンプは基本真空管のみだが、メーカー製アンプの改造もやっていた。改造対象としては、ローエンドモデルのみ。例えば、サンスイならAU-207でありAU-607は対象外、その理由は、AU-607は改造しても良くならないからである。この認識が一般オーディオと大きく乖離している点だが、トランジェントに重点をおけば、至極フツウの話しなのだ。

ハナシをリンク先に戻すと、

>その横にある有名メーカーのスピーカーは、
>スーパーマーケットの店内放送用スピーカーと
>たいして変わらないように思えた。

そのとおりなのである。この記事のオーナーの耳は良い。 1975年ごろ、イノウエスピーカーは、家電量販店でも買えた、2本セットで6万円だった(注1)。例えば名古屋市柳橋の栄電社(エディオン)にも陳列されていた。

イノウエスピーカーを聞いた後で、メーカー製スピーカーを聞くと故障しているような汚い音に聞こえた。そして、或る日突然、イノウエスピーカーは店頭から消えた。店員に尋ねても理由はハッキリしなかったが、良すぎる性能は業界にとっては邪魔以外の何物でもなかったのだろう。「イノウエスピーカーを排除せよ、従わなければウチは商品を卸さない」そんな圧力があった、と妄想している。


注1)
セット6万円の初期型はコレである。つっかい棒、炭なしだが、それでもメーカー製スピーカーを置き去りにする高性能。

イノウエスピーカーの歴史 ミズホオーディオ その2_e0410022_09140249.jpg
ハイファイ堂 HPより引用

これにメッキ、リング、つっかい棒、炭を加えた最終型は、ナマ音再生を目的として、遣れることを全てやり切った、スピーカーの理想形。。。。分割振動したり、ネットワークがあったり、逆相音の漏れに何も対策していないような論理的に破綻したスピーカーとは別世界の製品である。

音の良し悪しは嗜好に依存するので、言葉にしても意味はない。大事なことなので、何度でも言うが、スピーカーの理想は、分割振動しない、フルレンジである事、逆相音がコーンを透過して漏れない、この3項目を満足する事である。何故なら、この3項目を満足すれば、スピーカーの出音は、歪ゼロだからである。全然難しくなくて、すごく簡単な事なんだけど。。。






Commented at 2021-07-20 22:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xsmhp160 at 2021-07-21 08:39
> 内緒さん
>本当に良いものほど放り出され見捨てられていくため
>最後に残るのは、両極端といえる一般大衆製品か
>オーディオマニアが好む奇々怪々な製品

一番問題なのが、「専門家」ですね。

例えば、新型コロナ問題でも、あちこちで「専門家」が居て、聞く人それぞれに意見が違う。これは政府にとって、非常に都合の良い事象で、適宜、政府方針に都合の良い意見だけを、後付けでピックアップすれば良いだけ。真実は何も伝わらない。

しかし、オーディオは違います。僕は「正しいステレオ」を知っている。だから、専門家の意見について、正誤を的確に判断できる。記事を読まなくても、専門家先生のオーディオを見るだけでも、偽者は判定出来てしまうのです。


>ニッチであることも時には正解

はい、そうですね。安いけれど選ばれた人しか買えない。そういった販売方針が正しいと思います。顧客の選別は、ステレオ知識は関係ないですね。どんな音楽が好きか、だけで判断できます。少なくとも、1950~1964年までのジャスについて、一曲も知らないなら売れません(笑

Commented at 2021-07-23 07:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xsmhp160 at 2021-07-28 17:06
> 内緒さん

ご紹介のブログを見てみました
http://iichi.jog.buttobi.net/kousatu1/k1/k1.html

非常に貴重なモデルですね。
コーンが黒くみえるのは、クロムメッキが規定の膜厚に達していない、いわば、めっき不良品です。井上デンキ店には、この黒コーンが数セットぐらいありました。メッキが薄くても、音に影響はなく、また見栄えが良いので、欲しいモデルです。

それを除けば、このモデルは僕が購入したモノと同一です。基本、前ダクトモデルには、炭はないので、後加工で炭を追加したモノ。で、このオーナーは、つっかえ棒追加の打診が来ても、その施工をやらなかったと思われます。

正直、目まぐるしく仕様が変わるので、オーナー側で追いていくのは大変でした。今週に最高とされたアイテムは、来週になると、全然ダメ。となるワケで、よっぽどの情熱がないと面倒くさくて離脱・脱落者がたくさん居ました。

ユニットに塗ってある黒い粉も、ダメと分かって剥がしたし、つっかい棒が追加されて、2液のエポキシボンドでガチガチに接着して、やれやれ、と思ったのもつかの間、撚り線はダメなので、単線へ。その都度、ユニットをメリメリと力ずくで剥がしてエンクロージャーは壊滅状態、それでもなんとかユニットを取り付けたら、今度は、鉄管の追加・等々、、、、えーまたユニットを剥がすのか、、と、がっかり。

その頃になると、誰も追従出来なくなって、本当に、孤高、でした。



Commented at 2021-07-29 10:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xsmhp160 at 2021-07-29 14:09
> 内緒さん

>掲示板に関することは、Web魚拓に残っているため
>探してみると改めて学べることが多いといえます。

https://web.archive.org/web/20150528063509/http://engawa.kakaku.com/userbbs/374/Page=2/SortType=ThreadID/#374-3733

改めて読み返してみましたが、オーディオ哲学が書かれています。自賛ながら名言もたくさんありますね。6年前に僕の書いた内容ですが、書いたことすら忘れていました。貴重な情報をありがとうございます。

------------名言----------

>自作さんは、電源ケーブルの音変化について、どんな意見をお持ちですか?

ネット上には「電源ケーブルでこんなに音が変わった!」ってレポートが沢山あるのでしょうが、
「そんなことより、もっと他にやることがあるだろ?」と思います。

あなたのステレオは「頂上」の音してますか?していないと思ったら、
それは電源ケーブルをいじったぐらいじゃ、絶対「頂上」の音にはなりません。

だから、電源ケーブル以外の事にお金は使いましょう。

----------名言----------
また、KIスピーカーを聴いていると、「音質」という単語がすでに、「オーディオ用語」
であることに気付くのです、KIの音は、低音も高音も中音も全く感じない、
そこにあるのは、ひたすら、楽器の音、人間の声なんですね。「音質を感じない」のです。
Commented at 2021-07-29 16:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by xsmhp160 | 2021-07-13 15:56 | Comments(7)

正しい音で音楽を聴く


by Kenzo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る